規約Terms of use

TG global(以下、当社とします)は、当社が運営するCOREDAKE(コレダケ)にて提供するオンライン英語スクールサービス(以下、当サービスとします)への利用者(申込者及び申込希望者)が当サービスを利用するに際して、下記の通り規約(以下、当規約とします)を定め、利用者と当社との合意事項とします。

第1条 適用範囲と合意時期

当規約は、当サービスの提供及び利用に際して、当社と利用者の権利及び義務を定めており、当サービスを利用するに際しては、当規約の全てをお読み頂いた上で、当規約に同意して頂く必要があります。また、申込希望者が当サービスへの申込みを行った時点(WEBフォームやメールの場合は当社受信日、郵送の場合は消印日)で、当規約の内容に同意したものとみなします。

第2条 利用申込み

  1. 当規約への遵守に同意した場合に限り、当サービスへの申込みを行うことができます。
  2. 申込みに際して、当社が必要とする情報を利用者は提出する必要があります。
  3. 申込み情報(電話番号、住所、メールアドレス等)に変更があった場合は、速やかに当社に届け出ることとします。
  4. 当社は下記の場合に申込みを許可しない場合があります。
  • 提出された利用者情報に虚偽がある場合。
  • 当社が利用者より提出された連絡先(電話、メール)に連絡を試みるも返信が得られない場合。
  • 未成年の利用者が、親権者(保護者)その他の法定代理人の同意を得ていない場合。
  • 利用者が当サービスの利用に必要な語学力を持たないと判断された場合。
  • 利用者の希望内容での開講がない、最少開催人数に満たないなど当サービスの提供が困難な場合。
  • 利用者が過去に当社および関連企業が提供するサービスの利用を規約違反等で利用停止されたことがある場合。また、当社が利用申込みを認めるべきではないと判断した場合。
  • 利用者が同業他社の関係者であると判断される場合。
  • 利用者及び利用者が所属する企業や団体が反社会的勢力等(暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成)の場合。また、反社会的勢力に自己の名義を利用させ、当サービスへ の申込みを行った場合。
  • その他、当社の認めるところの理由がある場合。

第3条 利用料金の支払い

  1. 利用者は申込みの後、当社が指定する期日までに利用料金を支払うこととします。
  2. 支払い方法は銀行振込またはクレジットカード払いとします。

銀行振込:振込手数料は利用者負担とします。

クレジットカード払い:委託する決済代行業者が対応する決済方法がご利用頂けます。なお、解約による返金が生じる場合に決済代行業者が設定するシステム利用料(返金総額の3.6%)は利用者負担とします。

決済業務の委託

当社は本サービス利用料金に関するクレジットカード決済の業務を決済代行業者に委託し、当社は利用者のクレジットカードに関する一切の情報を所持しません。利用者がクレジットカード決済を行う場合は決済代行業者が利用料金の決済を代行することを了承するものとします。

第4条 解約と返金

  1. 利用者が解約を希望する場合は、書面(WEBフォーム、メール、郵送)にて申し出ることとします。
  2. 当社に申し出た日にち(WEBフォームやメールの場合は当社での受信日、郵送の場合は消印日)を解約時期とし、下記に基づき返金が行われます。

クーリングオフ
受講料金の総額が5万円を超え、かつ受講期間が2ヶ月を超える場合は、特定商取引法に基づき、契約日を含む8日以内に書面にて提出することでクーリングオフによる解約が可能です。
※契約日は利用申込みの提出日(WEBフォームやメール含む。郵送の場合は消印日)とします。

解約時期がプログラム開始前

解約手数料15,000円を差し引いた金額を返金致します。

解約時期がプログラム開始後

解約手数料は50,000円または契約残高(残り期間分の受講料と入学金の合計)の20%のいずれか低い金額とし、これを契約残高より差し引いた金額を返金致します。なお、契約残高の内、1週未満は切り捨てとします。

※プログラム開始日と同じ曜日を1週間の開始日とし、この日に達した時点でその週は1週未満と扱われます。

返金における手数料の負担
・銀行振込による返金の場合、解約時期によって算出された返金総額より、銀行が設定する振込手数料を差し引き返金致します。
・クレジットカード決済にて利用料金をお支払いの場合においても、銀行振込にて返金致します。その際に解約時期によって算出された返金総額より、決済代行業者が設定するシステム利用料(返金総額の3.6%)と銀行振込手数料を差し引いた金額を返金致します。

第5条 利用環境

  1. 利用者はオンラインで提供されるサービスを利用するために、当社が推奨する機器や通信環境、また指定するアプリケーションを準備する必要があります。原則、当社が指定しないアプリケーションによるサービスの提供は致しません。
  2. 利用者が使用する機器及び通信環境に起因して、当社が提供するサービスを受けることが難しい場合、利用者はそれらの改善に努めることとし、当社は一切の責任を負わないこととします。

第6条 受講

  1. 利用者は事前に指定されたアプリケーションをインストールし、設定の後使用できるように準備する必要があります。
  2. 当社は事前に授業スケジュールを利用者に提示し、利用者は指定された期日までに出欠もしくはスケジュールの変更を申し出る必要があります。なお、グループで行われる授業に限り、欠席時の録画授業の提供を行います。
  3. 受講者が利用者のみとなる授業において開始時刻より遅れて出席する場合、25分未満の遅れの場合は終了予定時刻まで実施、25分以上遅れた時点で欠席と判断し終了となります。
  4. 講師の準備が困難であった場合、当社側の通信環境の悪化によりサービスの提供が困難となった場合、原則振り替え授業の提供を行います。
  5. 検定試験のスコアを保証するコースを受講の場合、スコア保証の内容及び適用条件については、別途定めた規則によります(当ページ下部)。

第7条 利用者の禁止行為

  1. 利用料金の支払いを行わずに利用を行う行為。当社が認める場合は除きます。
  2. 第2条4項における申込みを拒否する理由に該当する行為。
  3. 講師や職員の制止を聞かない発言やビラの配布(インターネットを利用し他者に文字や図画の表示、または音声の配布を行う行為を含む)、コンピュータに異常を生じさせるプログラムの送信を行うなどにより営業や授業等を妨害する行為。
  4. 当社、講師、職員、また他の利用者に対する、侮辱、名誉毀損、いじめ、喧嘩、乱暴な言動、嫌悪の情を抱かせる言動、不安や迷惑を覚えさせる行為(相手の合意なく連絡を取る行為を含む)。また違法な行為。
  5. 当社が知的財産権を有する教材(当社作成のテキスト、映像、音声、画像等の情報)を無断で複製、配布、譲渡、公開する行為。
  6. 講師、職員、また他の利用者の個人情報を聞き出す行為、勧誘や販売行為。
  7. 講師、職員に対し、退職や転職を促すなど営業を妨害する行為。
  8. 事実無根、不合理な風説を流布し、他の利用者や講師の不安をあおるような行為。 
  9. 講師や職員に対し、当社を通じず個人的な授業提供を依頼する行為。
  10. 同業他社の関係者であることを隠しサービスの利用を行う行為。

第7条-4項補足
当サービスで採用するコミュニケーションアプリの機能もしくは他の利用者のプロフィール等を通じ知り得た情報をもとに、他の利用者に対してダイレクトメッセージや通話を行うことは、トラブル防止の観点から禁止します。但し、双方合意において行われる場合においては、その限りではありません。

第8条 当社による利用の停止と措置

  1. 当社は利用者の禁止行為が確認された場合に警告を行います。
  2. 複数回の警告にも関わらず、利用者が禁止行為を取りやめない場合は、当社はサービスの提供を即時停止します。利用者から反省文が提出され当社が許可した場合に限りサービスが再開されます。
  3. 当社が悪質と判断した場合は、その行為の回数に関わらず当社はサービスの提供を即時停止します。利用者から反省文が提出され当社が許可した場合に限りサービスが再開されます。
  4. 当社が極めて悪質と判断した場合、当社はサービスの提供を即時停止し、その後一切のサービス利用の再開を認めません。
  5. 当サービスで採用するコミュニケーションアプリにて利用者の禁止行為が認められた場合、当社は該当する利用者の記事を事前連絡なく削除する権限を有します。

第9条 免責

  1. 当社は当サービスによって提供する情報について、その確実性や有用性を保証するものではありません。
  2. 最少開催人数に達しないためにサービスが提供されない場合、利用者が被った損害に対し、当社は解約によって生じる返金以外の責任を負いません。
  3. 録画授業、教材等の提供において、技術的な問題によりその提供が不可能だった場合、当社は責任を負いません。
  4. 紛争、内乱、天災、疫病、当局の規制、ストライキ、通信回線の故障等の当社が管理できない理由により、当サービスが提供が不可能となった場合、利用者に対し、その補償を行わないこととします。
  5. 利用者同士で発生したトラブルにおいて、その解決は当事者間の責任によって行われるものとし、当社は問題解決の結果に対して責任を負いません。

第10条 知的財産権

  1. 当サービスによって提供される教材(当社作成のテキスト、映像、音声、画像等の情報)の知的財産権はすべて当社に帰属します。利用者は教材を当サービスで提供される方法に限り使用でき、当社の許可なく複製、配布、譲渡などを一切行わないこととします。
  2. 利用者が規約に違反したことにより当社と第三者との間で知的財産権についての問題が生じた場合は、利用者の責任のもとに問題を解決することとし、当社に損害を与えないこととします。

第11条 損害賠償

  1. 利用者は当規約に違反し、または不正行為により当社に対して損害を与えた場合は、当社は利用者に対して損害賠償請求ができることとします。
  2. 当規約に基づき当社が利用者に賠償責任を負う場合については、当社の賠償額はいかなる場合においても利用者が当社に支払った金額を上限とし、それを超える賠償責任は負わないこととします。
  3. 利用者が当サービスの利用によって第三者に対して損害を生じさせた場合、利用者は自らの責任においてこれを解決することとし、当社に対していかなる責任を負わせないこととします。

第12条 業務委託

  1. 当社は利用者に対して当サービスを提供するにあたり、必要な業務の全部もしくは一部を第三者に委託することができます。
  2. 第三者への業務委託に際して、業務上必要な利用者の個人情報の開示が必要な場合、当社と利用者の間で締結するプライバシーポリシーにより開示を行います。

第13条 その他

  1. 当規約は日本法に準拠し解釈されることとします。
  2. 当規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を合意管轄裁判所とします。
  3. 当規約は2021年7月1日以降の利用者に適用されます。

[別紙] スコア保証規定

所定期間の受講により検定試験のスコアを保証する制度が付帯するコースについて、その保証内容と適用条件は下記の通りとします。

第1条 保証内容

  1. スコア保証は予め定められたコースを受講し、入学時に取得から2年以内の公式スコアを提出した場合に付帯します。公式スコアを提出しなかった場合、スコア保証が設定されないコースを受講した場合には付帯しません。
  2. 入学時スコアは提出された公式スコアとします。
  3. 受講終了後から初めて行われる公式試験もしくはその翌月に行われる公式試験の結果が保証スコア未満の場合、下記の強化プログラムを無料で提供することとします。
  4. 保証スコアは下記の通りとします。

    TOEIC®完全版オンラインコース(12週)
    入学スコア450-495 / 保証スコア+200
    入学スコア500-595 / 保証スコア+125
    入学スコア600-695 / 保証スコア+100
    入学スコア700-750 / 保証スコア+75

    2022年8月までの入学に適用
    強化プログラム:パーソナルコーチング(週1×4回)にて提示される学習プランにより再受験。

    2022年9月以降の入学に適用
    強化プログラム:パーソナルコーチング(1回)にて提示される学習プランにより再受験(コーチング→自主学習→受験を1セットとする)。保証スコアに達するまで最大4セットまで希望可。

    TOEIC®直前対策オンラインコース(4週)
    入学スコア450-495 / 保証スコア+100
    入学スコア500-595 / 保証スコア+75
    入学スコア600-695 / 保証スコア+50
    入学スコア700-750 / 保証スコア+50
    強化プログラム:パーソナルコーチング(1回)にて提示される学習プランにより再受験(コーチング→自主学習→受験を1セットとする)。保証スコアに達するまで最大4セットまで希望可。

    ※通常同コースにスコア保証は付帯しません。キャンペーン等により当社が認める場合に限り適用されます。

第2条 適用条件

  1. 入学時に取得から2年以内の公式スコアを証明する書類を提出すること
  2. 理由を問わず100%の出席率であること(遅刻、早退、録画授業及び講師の指示以外でカメラ及びマイクをオフにした受講は欠席扱い)
  3. 毎日の自習報告を期限までに行い、怠った回数が2回以内であること
  4. 指定された課題を期日までにすべて行うこと
  5. 規約に違反する行為がないこと
    ※当社が特別に認める場合に限り、上記条件が変更される場合があります。

第3条 保証の取り消し

利用者に下記の行為が認められた場合、当社は保証及び保証を受ける権利を取り消します。

  1. 適用条件を満たさなくなった場合。
  2. 提出した公式スコア及び卒業後に取得した公式スコアに不正が認められた場合。
  3. 受講終了後から初めて行われる公式試験もしくはその翌月に行われる公式試験を受験しなかった場合、もしくは当社に公式スコアを証明する書類の送付を行わなかった場合。

第4条 その他の規定

  1. 保証スコアに達しなかった場合に提供される強化プログラムは、途中もしくは全てを解約した場合において返金は一切ありません。
  2. パーソナルコーチング以外の授業提供は、当社が利用者の能力向上のために必要と判断した場合に行います。利用者はその有無について決定することはできません。

ページトップへ戻る